投稿する

おなまえ 必須
Eメール 必須
タイトル 必須
コメント 必須
参照先
投稿キー 必須 (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事編集/削除用)

[8276]演歌一直線

投稿者:小松きよ子 投稿日:2018-12-07 21:47:14
今帰りです
長山洋子さんがかおりさん新曲発表の時何時も話し相手になって上手に聞き出して下さっているのを見ていました。だから長山さまの舞台を是非に鑑賞したく思っていました。
楽しかったです。帰りちかちゃんと楽しいお酒を飲んで直球便で交野向けて走っています。良い友に拾って頂いて幸せです❗宇治田原からのお付き合い有難い事です。此からも宜しくお願い申し上げます。酔っぱらい寸前です楽しい気分で🎵帰途「夢見草」に寄ります。帽子忘れています。

[8275]香西かおり、長山洋子コンサート

投稿者:けいことはじめ 投稿日:2018-12-07 13:44:34
新歌舞伎座の昼の部に来ています。
ほぼ満席で、とても華やかな舞台です。長山さんも流石の民謡で鍛えたノド。かおりさんも流れるような美しいお召し物で、艶やかなお二人の舞台です。いま、30分の幕間です。80年代の歌あり、大阪の歌ありのとっても楽しいステージです。

[8274]私市駅今発車〜〜♪

投稿者:小松きよ子 投稿日:2018-12-07 10:00:22
おはよーございます🎵
晴れ女かおりさん、有難う御座います。

フレーフレーかおりさん
フレーフレー酒暦

長山洋子さんも楽しみです‼️

[8273]明日が楽しみでーす♪

投稿者:小松きよ子 投稿日:2018-12-06 22:08:32
こんばんは

明日を楽しみに~おやすみなさいませ🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

フレーフレー酒暦
フレーフレーかおりさん

[8272]えっ

投稿者:ぴーこ 投稿日:2018-12-05 07:47:29
おはようございます

本当だ…
スケジュールから
「年忘れ」が消えている(*_*)

[8271]年忘れにっぽんのうた

投稿者:こうすけ 投稿日:2018-12-05 01:34:32
こんばんは。12月は、忙しいですね。
体調を崩さずがんばってください。
さて、先日までイベント、出演の欄で、
12/31に年忘れにっぽんのうたのありましたが、
なぜなくなったのでしょうか?

[8270]京都のライヴ西成のライヴ 中山さんのライヴに息子が参加するために帰ってきました

投稿者:小松きよ子 投稿日:2018-12-04 21:31:19
こんばんは

大阪の西成はものすごく楽しく盛り上がって、良かった、京都はおとなしいと言っていました。
居酒屋で60人~80人だったそうです。母さんもそんなところ連れて行って!と頼みましたが
全然相手にしてもらえなかったです。

父さんとはすぐ政治経済へと盛り上がって夜の更けるのも知らず、いつも私は眠たーい!
読んでる本はなんだろかとみても横文字わからないつまらない
父さんは、〇〇は何時頃帰って来るのか?と息子の帰宅を待つ
昨日の朝帰りました、そうか、と納得又聞く何時頃帰るのか 東京に帰ったの  ああそうか~
残念そうです。

フレーフレーかおりさん
フレーフレー酒暦

[8269]~中山ラビさんご存知ですか~~

投稿者:小松きよ子 投稿日:2018-12-02 17:05:48
こんにちは

東京から帰って来る息子は、何時も 0:00時コンサートから帰ってきて
コンサートに行き帰って来るのは  0:00時 本日は・ 西成の居酒屋です
7月は、土砂降りフジロックに「命かけた」ディラン待ち(朝日新聞)団塊の世代です。

渋谷のかおりさんlive 私達二人が体調崩して行く事が出来なかったので、代わりに行ってもらった。すっかりかおりさんびいきとなってくれました。 嬉しい事です!

フレーフレー酒暦
フレーフレーかおりさん
新歌舞伎座 楽しみです!

[8268] 師走に入り、ご挨拶がわりに

投稿者:coda 投稿日:2018-12-01 22:47:07
かおりちゃんも、まさに駆けるかのようなスケジュールの師走12月。

きのうのmbsラジオ「上泉雄一のええなぁ」でも、快活なおはなし、笑い声でしたね。
番組の後半は生放送で、前半は“ラジコ”でききました。
いろいろな番組内の情報では、
ぶりが富山、新潟、秋田などではここ10年間では最高の水揚げだとか。
かおりちゃんは、「ぶりしゃぶ」をお奨めしていたようです。
わたしは照り焼きか素焼きかで食べるとおもいます。 お正月までは、その様に。

ところで、年末の「年忘れにっぽんの歌」での歌唱曲は決まったのかな?
 この番組は新曲をうたう番組ではなく、まだ決まってないことを前提に。
さらに、歌手にも半分は“選択の余地”があるとして書いちゃおう。
あくまで【分析】という堅苦しさでなく、『想像』『察する』というスタンスで。
 平成27年では、「すき」をうたいましたね。 誰もが、おそらく意外だったと思います。
そこから察するに、番組側からは各歌手にたいし2~3曲を提示し、
キャリアのある歌手には『他にうたいたい曲がありますか』と聞いてくるんだろうと。
それであの年には、かおりちゃんが「すき」を選択したんではないか。
 ということで、今年は「越前恋歌」を選んではどうでしょう。
1994年後半に発表、翌年1月には神戸・淡路の大震災、前年は『無言坂』のフィーバー。
そんなこんなでヒットはしたと思うけど、さまざまな事象・情況のなかで
少し“埋もれた” 感を、わたしは持っています。
そして、ここ10年もしくは15年間ほどの「香西かおりコンサート」に
かおりちゃん自身が設定しただろう大きな基本的テーマ・路線からは、
この曲はどうしても外れてしまっていたんではないだろうか。

かおりちゃんをまだ知らなかった(正確には認識していない)この曲の発表当時、
テレビだと思うけれど、聴いたことがありますよ。
『続くの 続くの』というところが、印象的でずっと現在まで残ってきています。
この機会に地上波でも、もう一度披露しておいて下さい。
一般聴衆からも、『こんな感じの、いい曲も歌ってるんだ』という声が、
ちらほらと聞こえてきそうです。
何かを狙いにいくというのでなく、『こんなんも、唄ってるよぉー』って感じで。
                                以上。
別件・12/07の新歌舞伎座は行けるか努力ちゅ~。
   コンサート開演直前まで奮闘努力!!!  

[8267]ありがとうございます

投稿者: 投稿日:2018-11-30 21:35:05
学会やセミナーで当たり前のように使われてる言葉、
統計などを深く考えず、使っている自分を反省します。
やるべきことは、その人その人にかけれる言葉なのかも
しれないと思います。
自分が言いたい言葉ではないと思いました。
まだまだです。
頑張ります。
小松さん、ありがとうございます。
私も一緒に香西かおりさんと、
香西かおりさんを応援する小松さんを、
応援してます。
ありがとうございます。
上へもどる↑